お知らせ

新着

一般社団法人 兵庫県探偵業協会 設立趣旨

 

近代の探偵・調査業の歴史は、一般的に明治25年にその起源を 求めることができます。  このような長い歴史を持ち、個人情報に密接に関連する 業務であるにもかかわらず 日本には、近年まで探偵・調査業を 規制する法律がありませんでした。 そのため、悪質業者による調査対象者の秘密を利用した恐喝事件や 違法手段による調査等の不適正な活動等が後を絶ちませんでした。 そのような経緯から、調査業のうち、探偵業について、平成18年6月に 法律第60号でいわゆる探偵業法が制定され、翌平成19年6月1日に 施行されました。 法律の規定により昨年5月には、探偵業法の見直しがなされましたが 厳しい規制も無く引き続き現行法通り実施される運びとなり、一安心し たところであります。 ところが、昨年末以来 探偵業の届出をした一部業者が 1.住民票の写しや戸籍謄本を不正手段により交付を受けていた事案  2.貸金業者と共謀の上、顧客の信用情報を目的外に不正に入手していた 事案等、個人情報を不正に取得し警察に関係法令違反容疑で摘発される 事件が、相次ぎ発生しました。 これは、探偵業務とは直接関係ないとはいえ由々しき事態であります。 これを受け、昨年7月5日、警察庁生活安全局生活安全企画課長名で 主要探偵業者団体に対し [法令の遵守の徹底について〕という要請が ありましたが、これは、実質的には警察から探偵業者に対する強い指示 指導、警告であると認識しなければなりません。 なぜなら、探偵業法の目的は、法第1条に定めるとおり、法令順守による 適正な業務の推進と個人の権利利益の保護にあり、これに反する 法令違反があった以上、看過できない極めて悪質な事案であるからです。 今後、このような事案が頻発すれば、警察等関係当局はもとより、国民からの 批判も高まり、最悪の場合は探偵業法の改正という厳しい事態に陥りかねません。 そうでなくても、現在、探偵業務を行う上で、何らの法的権限もない中 調査依頼者からの要求もますます複雑 多様化しており、調査業務が困難を 極めております。 このような現状から、規制が強化された場合には、実質的に調査業務は 制約、限定されることとなり、ほとんどの調査業務の遂行が困難となることは 明白であります。 しかし、依頼者から、探偵業者に対して調査依頼がある以上、法の規制が厳しく なろうとも、その負託に応えるために、我々業者は合法、合理、妥当、しかも国民の 理解と協力が得られる調査業務を推進しなければならないことは当然のことであります。 また、過去の探偵業者の法令違反行為を分析検討してみますと、いわゆる悪徳業者が 「順法精神を忘れ、利潤追求を優先し、更に業者が被使用者の調査員に対する 指導教育を怠っていた。」ことが大きな要因であると考えられます。 そこで、これらの現状を踏まえ、探偵業者の適正な業務推進と調査依頼者の 権利利益の保護を図り、明日の探偵業会をより良い方向に主導していくことを 主目的として、警察等関係機関のご指導を頂き、去る平成24年6月4日 一般社団法人兵庫県探偵業協会を設立しました。 その上で、公平公正な運営を行うために、厳格に会則、入会規定等を定め 更に4名の警察OBを理事として招聘致しました。 探偵業者の皆様におかれましては、当協会設立趣旨にご賛同の上 当会に是非ご加入頂き皆様方と当協会の益々の発展のため ご尽力を賜りますよう切にお願い申し上げます。

一般社団法人 兵庫県探偵業協会 会長  津野 憲正